ほうれい線の予防と対策 スキンケア~クレンジング・洗顔~

ほうれい線の予防と対策に欠かせないのが、スキンケアです。

皆さんは、毎日きちんとスキンケアを行っていますか?

スキンケアをやるのとやらないのとでは、随分と違ってきます。

そこでここでは、ほうれい線を予防できるスキンケア方法を紹介したいと思います。

まずは、「クレンジング」と「洗顔」です。

【クレンジング方法】

クレンジングには、オイル・ミルク・クリーム・ジェルなど、さまざまな種類があります。

その中から、自分の肌質やメイクの濃さに合わせて、タイプを選びます。

適量を手にとり、やさしくマッサージしながらメイクを落としていきましょう。

ゴシゴシ擦るのはNGです。

【洗顔方法】

泡立てネットでたっぷり泡立て、顔全体を包み込むように洗顔します。

泡はレモン1個分くらいが理想的。

クレンジング・洗顔のやり方1つでも肌質は随分と違ってきますから、意識してメイクオフ・洗顔を行いましょう。

紫外線対策でほうれい線対策 おすすめのUVカット化粧品②

次に紹介するおすすめUVカット化粧品(日焼け止め)は、パックスナチュロンの「UVクリーム」です。

合成紫外線吸収剤や合成界面活性剤などを使用してない、肌にやさしいUVクリームです。

石鹸で乳化しているので、とてもシンプルで安心して使えるのが良いですね。

また顔だけでなく、全身に使えるのも◎。

首やデコルテなども紫外線の影響でシミや吹き出物が出たりしますから、しっかり塗って紫外線から肌を守ってあげましょう。

顔用として使う場合、化粧下地としても使うことができます。

ファンデーションを塗る前に顔全体に馴染ませてから、通常のメイクを行って下さい。

ただSPFは15、PAは++なので、長時間紫外線を浴びる方には不向きです。

長時間紫外線を浴びる方は、先ほど紹介したランコムのUVカット化粧品をおすすめします。

他の化粧品でも、SPA50/PA+++が安心ですね。

紫外線対策でほうれい線対策 おすすめのUVカット化粧品①

ほうれい線ができる原因になる【紫外線】

「ほうれい線なんて、年とれば誰でもできるんじゃないの」

なんて安易に思っていてはダメですよ。

毎日浴びる紫外線でも、十分ほうれい線ができる可能性はあります。

また、何のケアもなく紫外線をたくさん浴びると、年齢関係なくほうれい線ができる恐れがあります。

若い頃からほうれい線ができると、年を重ねるともっと深いほうれい線になるわけですから、早くから対処していく必要があります。

そこでここでは、“紫外線対策”におすすめの化粧品を紹介したいと思います。

まず最初に紹介するおすすめUVカット化粧品は、ランコムの「UVエクスペールGNシールド50 BB」です。

所謂今流行りのBBクリームなのですが、SPF50/PA+++なので、しっかり紫外線から肌を守ってくれます。

また使うことで滑らかな弾む肌に仕上げてくれるので、まるですっぴん肌のような、自然な仕上がりになるのが特長です。

ほうれい線の対策におすすめのマッサージ方法③

ほうれい線改善に欠かせないマッサージ。

マッサージと聞くとどうしてもエステティシャンがやっているような本格的なマッサージと思われがちですが、自分でも簡単にやることができるんですよ。

そこでここでは、手軽にできるほうれい線改善マッサージ法を紹介したいと思います。

スキンケアを行う際など、併用してやってみて下さいね。

1.顎の関節を親指で押さえます。

2.口を大きく開ける・閉じるを繰り返しましょう。左右にずらしてもOK。

3.最後に、耳の下から首のつけ根までをマッサージしたら、完了です。

口はできるだけ大きく開けるのがコツですが、顎関節が弱い方は無理に開ける必要はありません。

できる範囲でOKですよ。

リンパの流れが良くなるので、ほうれい線改善だけでなく、むくみ予防にも効果的です。

簡単にできるので、毎日続けてすっきりハリのある肌を目指しましょう。

(参考サイト:gooダイエット)

ほうれい線の対策におすすめのマッサージ方法②

次に紹介するほうれい線のマッサージ方法はこちら。

顔の血流を良くする【リンパマッサージ】です。

リンパマッサージは、ほうれい線を消すだけでなく、肌にハリを与えたり、顔痩せにも効果的です。

特に入浴中に行うことで、血液の流れがさらに良くなり、早い効果を期待できるでしょう。

ではさっそく、やり方の紹介です。

1.顎の下から頬にかけて、4本の指を使ってやさしくさすり上げていきます。

2.同様に鼻横から頬にかけてもさすります。

3.最後に、おでこから頬へかけてさすり、これらを5回×5セット行いましょう。

これらに加え、首のマッサージを行うことで、顔のたるみやほうれい線を改善することができます。

首のマッサージ方法は、

1.鎖骨上部のくぼみを外側から内側へさすります。

2.鎖骨下部は、中心から外側へ、リンパ節に向かってさすります。

反対側も同様に行い、5回×5セット繰り返しましょう。

(参考サイト:gooダイエット)

ほうれい線マッサージ+美顔器で万全の体制を!

お薦めの美顔器の体験談はこちら

⇒ 美顔器 ラヴィドゥ

ほうれい線の対策におすすめのマッサージ方法①

ほうれい線の対策には、マッサージがおすすめです。

ここでは、自分でできる簡単なマッサージ法を紹介したいと思います。

ぜひ参考にして、ほうれい線を除去しましょう!

 

ではさっそく、やり方を紹介していきましょう。

 

【1】小頬骨筋と大頬骨筋を鍛えよう

小頬骨筋と大頬骨筋が衰えると、ほうれい線ができやすく、また深くなりやるいと言われています。

ほうれい線を消すためには、この2つの頬の筋肉を鍛える必要があります。

 

【2】リフトアップさせよう

2つの頬の筋肉を鍛えるためには、これらをリフトアップしてあげましょう。

もちろん、ただ鍛えるだけでなく、時々ほぐしてあげ、筋肉を緩めることも大切です。

 

【3】ポイントは、「イー」

イーと言った時に動く筋肉を、口の中に親指を入れ刺激します。

歯ぐきと顔の筋肉の間に入れ、上から人指し指と中指で抑え、筋肉を挟みましょう。

人差し指と中指を左右に動かし、1か所5回ずつマッサージします。

小頬骨筋、大頬骨筋に沿って、6カ所行えばOK。

(参考サイト:肌トレ塾)

ほうれい線の予防 スキンケア

ほうれい線の予防には、表情筋を鍛えてあげたり紫外線を浴びないようにする他、スキンケアも重要なポイントになります。

むしろ、どの予防法よりも、一番大切なことではないでしょうか?

肌は年齢とともに衰えていきますから、早めの対処で、ほうれい線を出さずにいつまでもハリを保つことができます。

 

では、どのような方法でスキンケアを行えば、ほうれい線を予防することができるのでしょうか?

一番良いのは、アンチエイジング効果のある化粧品を使うことですね。

やはりほうれい線の主な原因が【加齢】ですから、エイジングケアは必須。

あとは、外側からだけでなく、内側からも“ほうれい線に良いもの”を与えてあげる必要があります。

例えば、ヒアルロン酸であったり、コラーゲンなどですね。

これらが減少することでほうれい線ができるとも言われていますから、ヒアルロン酸やコラーゲンのサプリメントをとることも、ほうれい線予防に繋がります。

ほうれい線の予防 紫外線

ほうれい線は、表情筋が衰えているからできる。

というだけではありません。

肌に受ける刺激などもで、ほうれい線は十分起こり得ます。

 

その中で気をつけたいことが、【紫外線】です。

皆さんもある程度紫外線がどれだけ皮膚に良くないかご存知だと思いますが、ほうれい線にも当然良くありません。

ですから、日頃からきちんと紫外線対策をし、肌を守ってあげる必要があります。

 

特に、紫外線を浴びる機会が多い方は、SPFは高めのものが良いですね。

ちょっと外出する程度なら、SPF20程度でも十分UVカットはできます。

ただSPFが高いものは刺激が強いものが多いので、敏感肌の方はしっかり調べてから購入するようにしましょう。

あと、たくさん紫外線を浴びた夜は、美白ケアを怠らないこと。

紫外線はほうれい線だけでなく、シミや乾燥の原因にもなりますから、きちんとケアをして肌を鎮静させましょう。

ほうれい線の予防 マッサージ

ほうれい線の予防に良いのが、エクササイズの他にマッサージです。

マッサージといっても方法はさまざまで、特におすすめなのが【リンパマッサージ】です。

あとは、スキンケアをする際に、指の腹を使ってグッグッとシワを押して上げるのも良いですね。

そうすることでほうれい線がピンと張り、消すことができます。

 

ただマッサージをする場合、手を使って行いますから、乾いた手よりも、クリームなどをつけて行ったほうが効果的です。

滑りも良くなりますし、同時にスキンケアができるので一石二鳥。

特に、リフトアップ効果のあるクリームを使うと、たるみ防止にもなり良いでしょう。

もちろん、マッサージも毎日続けることが大事です。

1日2日、1回2回やっただけでは効果はありませんので、朝晩のスキンケアの際は必ずマッサージを行うようにしましょう。

どうしても確実な効果がほしい方は、エステに行くことをおすすめします。

ほうれい線の予防 エクササイズ

ほうれい線を予防するためには、ほうれい線の原因となる表情筋の衰えを復活させてあげる必要があります。

よく、笑うとほうれい線ができやすくなると言いますが、だからと言って笑わずに過ごすと、余計に表情筋が衰え、ほうれい線ができやすくなってしまいます。

どんなに笑顔でいても、きちんとケアをしていれば問題ありませんし、むしろ表情筋が鍛えられるので無表情でいるよりかは全然良いでしょう。

表情筋を復活させる、また鍛えるためには、【エクササイズ】が一番効果的です。

「あ・い・う・え・お」と大きく発声するだけでも、十分表情筋は鍛えられます。

エクササイズと言っても決して難しいことではありませんから、毎日続けて、表情筋を鍛えてあげましょう。

そうすれば、気になるほうれい線もピンと張って、目立たなくなりますよ。

もちろん、“毎日続ける”ことが大切です。

ほうれい線予防のエクセサイズと美顔器を併用するとより効果的です。

お薦めの美顔器の体験談はこちら

⇒ 美顔器