ほうれい線を隠すメイク

ほうれい線は、目立ってきてからケアするよりも、“目立つ前から”ケアするのが大事。

でも、1日や2日で効果が出るわけではないですから、地道な努力が必要になります。

そこでここでは、「ほうれい線を隠すメイク」を簡単に紹介したいと思います。

ぜひ参考にして、外出もハッピーに過ごしましょう。

【ファンデーションの塗り方】

ほうれい線など、シワを隠すために厚塗りはしていませんか?

厚塗りは、シワを余計に目立たせてしまいます。

ですから、ほうれい線を少しでも目立たなくするためには、薄塗りが◎。

綿棒などを使い、シワに沿ってトントンと軽くファンデーションを拭いましょう】

【ハイライトの使い方】

ハイライトを適度に入れることで、肌に影ができ、ほうれい線を隠すことができます。

ただあまりラメが多いものはNG。

適度にラメが入っているものを選び、ほうれい線に上手に被せましょう。

肌のトラブルを隠すためにコンシーラーなどを使う方がいますが、コンシーラーはほうれい線には逆効果なのでおすすめしません。

ほうれい線を隠すメイクと美顔器でほうれい線をなくそう。

お薦めの美顔器の体験談はこちら ⇒ 美顔器ラヴィドゥ

体内からほうれい線の予防と対策

ほうれい線の予防と対策には、表情筋を鍛えるエクササイズや、入念なマッサージ、毎日のスキンケアが大事になってきます。

しかし、年齢を重ねた肌は、ただ外から良いものを与えているだけでは、なかなか効果を実感できません。

そこでおすすめなのが、体内からの予防と対策です。

要するに、サプリメントや食べ物で内側からほうれい線を改善しようというわけです。

特に年齢を重ねるとヒアルロン酸やコラーゲンは減少しますから、いつまでも若々しい肌を保つためには、これらの成分は必要不可欠。

サプリメントは、主に錠剤タイプと粉末タイプ、飲むドリンクタイプに分けられます。

コラーゲンの場合、粉末タイプだとニオイが気になるので、苦手な方は錠剤タイプをおすすめします。

あと、豚由来よりも、魚由来のコラーゲンのほうが効果があるようです。

ドリンクタイプも、最近ではフルーティーで飲みやすいものも増えていますから、より効果を実感したい方は、飲むドリンクタイプのサプリメントをおすすめします。

ほうれい線の予防と対策 おすすめの乳液・美容液②

次に、ほうれい線の予防と対策におすすめの【美容液】の紹介です。

●リアルラボ ミクロヒアルロン酸ジェル

浸透力が良く、また肌の中で膨らむ速度も速いので、早い段階で効果を実感することができます。

またヒアルロン酸をミクロサイズにして配合しているので、気になるほうれい線も瞬時に働きかけてくれます。

しかも肌の中で30倍に膨らむと言いますから、即効性があるのも頷けます。

内側からハリとうるおいのある肌にしたい方、必須アイテムになること間違いないでしょう。

●SUNTORY コノハモイスト保湿化粧液

1本で化粧水、乳液、美容液の働きがある「コノハモイスト保湿化粧液」

21種類の保湿成分配合で、非常にシンプルなスキンケア化粧品です。

忙しい朝や、仕事で疲れて帰った後のスキンケアにぴったり。

ほうれい線をなくし、ハリとツヤを生み出してくれるでしょう。

ほうれい線の予防と対策 おすすめの乳液・美容液①

それでは、ほうれい線の予防と対策におすすめの乳液と美容液を紹介したいと思います。

まずは、乳液からの紹介です。

●フコイダン化粧品 エッセンスミルク

フコダイン配合で、ベタつかずさらっとした使い心地の乳液です。

しっかりとしたバリア機能で、乾燥から肌を守ってくれるのもありがたいですね。

無香料、無着色と肌にやさしいので、敏感肌の方にもおすすめです。

ほうれい線やシワが気になる個所は、重ねづけをするとより改善できるでしょう。

●ライスフォース ディープモイスチュアエッセンス

ライスパワーが、肌の奥にまで浸透し、内側からハリのあるぷるんとした肌へと導いてくれます。

しかもその効果が長時間続くので、午後になってもみずみずしくうるおいのある肌を維持することができます。

ほうれい線は乾燥が原因でも発生します。

しっかりうるおいを与え、乾燥しないようケアしましょう。

ほうれい線の予防と対策 スキンケア~乳液・美容液~

ほうれい線の予防と対策には、きちんとしたスキンケアがもっとも良いと言われています。

スキンケアとは、クレンジングを始め、化粧水や乳液などの保湿まですべてです。

面倒だからと言って、化粧水で終わるなんてもってのほかですよ。

特に美容液には、ほうれい線を改善する化粧品も多く販売されていますから、化粧水のあとはしっかり美容液でフタをしてあげる必要があります。

使い方ですが、乳液も美容液も基本的には同じです。

商品によって使用料は異なりますが、大体パーツ1個分の量が目安ですね。

顔全体に伸ばし、ほうれい線が気になる場所は重ねづけをしてケアしましょう。

この時、指の腹を使って、押して上に跳ね上げながらほうれい線をケアすると、ハリが出てほうれい線予防になります。

美容液は、リフトアップ効果のあるものがおすすめ。

やさしく伸ばし、ていねいにケアしていきましょう。

ほうれい線の予防と対策 おすすめの化粧水②

次におすすめするほうれい線に効果的な化粧水は以下の通りです。

●AGOS モイスチャージローション

30代からの、気になる年齢肌に対応した化粧水です。

AGOSモイスチャージローションには、シンエイク、αアルブチン、ビタミンA、ヒアルロン酸Na、ゲルマニウム、14種類のハーブコンプレックスを配合しているので、気になるほうれい線もしっかり改善!

またとろっとした美容液のような化粧水なので、浸透力が良いのも嬉しいですね。

ほうれい線の他にも、くすみが気になる方や、乾燥している方にもおすすめ。

リフトアップ効果があり、ハリのある肌へと導いてくれます。

●フコイダン化粧品 ローション

海藻エキスと植物エキス配合で、みずみずしくも透明感のある肌へと導いてくれる化粧水です。

無香料・無着色・パラベンフリー・アルコールフリーなので、肌に優しいのも嬉しいですね。

肌をやさしくパッティングし、ほうれい線は入念には重ねづけすると良いでしょう。

ほうれい線予防と美顔器で素肌美人に!

美顔器の体験談はこちら ⇒ 美顔器

ほうれい線の予防と対策 おすすめの化粧水①

ここでは、ほうれい線の予防と対策におすすめの化粧水をいくつか紹介したいと思います。

ぜひ参考にして、“自分の肌に合った”化粧水を見つけましょう。

●ドクターシーラボ サーモリフトアクティブローション

肌の奥のリフトアップに効果的な、ドクターシーラボのリフトアップ用化粧水です。

年齢とともに気になる「たるみ」に働きかけてくれるので、気になるほうれい線もしっかりシャットアウト。

また引き締め効果もあるので、使い続けることで輪郭がっくきりするのも特長です。

肌密度を高める「水添レチノール」「酢酸ファルネシル7」「ファルネソール」「セラミド3」「トリ酢酸バンテニル」を配合しているので、内側からみずみずしくハリのある肌へ。

●アテニア モイスチャーローション

「しっとりつややか」と「さっぱりなめらか」の2種類あります。

しっとりつややかでは、シルクペプチドが肌にハリを与え、キメ細かい肌に。

さっぱりなめらかは、シャクヤクエキス配合で、毛穴を引き締めキメ細かい肌に導いてくれます。

“ほうれい線改善”のための化粧水なので、ほうれい線で悩んでいる方は必見です。

ほうれい線の予防と対策 スキンケア~化粧水~

ほうれい線の予防と対策に欠かせないのが、【スキンケア】です。

クレンジング、洗顔、保湿、すべてをきちんと行ってこそ、ほうれい線をできにくくしたり、消すことができます。

そこでここでは、ほうれい線予防と対策のための化粧水の使い方を紹介したいと思います。

①しっかり浸透させよう

手の平に適量化粧水をとったら、顔全体にやさしく馴染ませパッティングしていきます。

コットンに含ませ、ほうれい線が気になる個所をパックしても良いですね。

手は、温かいほうが浸透力が上がるので、冷たい方はお湯で一旦温めることをおすすめします。

 

②ほうれい線にはたっぷり化粧水

ほうれい線は、加齢だけが原因ではありません。

乾燥などが原因でも起こりますから、化粧水を重ねづけし、しっかり保湿しましょう。

 

③コラーゲンとヒアルロン酸

コラーゲンやヒアルロン酸が減少すると、ほうれい線ができやすくなります。

これらの成分が入った化粧水がおすすめです。

ほうれい線の予防と対策 おすすめのクレンジング・洗顔料②

次に、ほうれい線の予防と対策におすすめの洗顔料を紹介したいと思います。

●どろ豆乳石鹸 どろあわわ

マリンシルトや豊富な海洋ミネラル、マイナスイオンを含んだ、肌にやさしい洗顔料です。

今までのどろ洗顔とはまた違った洗顔料で、まるで泥エステをしているような気分になります。

ほうれい線はもちろんのこと、毛穴の汚れやシミなどにも働きかけ改善してくれます。

●悠香のお茶石鹸 茶のしずく

真矢みきさんのCMでもお馴染みの「茶のしずく」

農薬不使用の良質な茶葉を使用しているので、肌にやさしく、またすっきりと洗うことができます。

また生クリームのようなもっちりとした感触で、肌を包み込むように洗顔できるのも嬉しいですね。

●スノーヴァ リクイドネトヤント

アミノ酸系の洗浄成分でできたスノーヴァの洗顔ジェル。

泡立ちは少ないのですが、洗った後の肌の質感は今までにないほどのうるおいを実感できます。

ハリも与えてくれるので、気になるほうれい線もシャットアウトできます。

ほうれい線の予防と対策 おすすめのクレンジング・洗顔料①

ここでは、ほうれい線予防と対策におすすめのクレンジングと洗顔料を紹介したいと思います。

ぜひ参考にして、自分に合った化粧品を見つけましょう。

まずは、クレンジングの紹介です。

●山田養蜂場 RJクレンジングクリーム

その名の通り、クリームタイプのメイク落としです。

クリームタイプのクレンジングは、メイクや皮脂の汚れに馴染みやすいので、しっかりメイクオフできるのが特長。

また、RJならではの6種類の種子オイルを使用しているので、クリームでありながらもよく伸びます。

洗顔後の肌への負担も少なく、マッサージクリームとしても使えるので、ほうれい線予防・対策にはおすすめの商品です。

●セラムデュー ノンオイルクレンジング

IKKOさんもおすすめするこのクレンジング。

ほうれい線のほかにも、黒ずみや気になる毛穴までも徹底ケアできます。

また65%美容液成分配合なので、落としながらスキンケアができるのも特長です。

ほうれい線予防はマッサージと美顔器もあれば最高です。

お薦めの美顔器体験談はこちら

⇒ 美顔器ランキング